税理士選びのポイント

それでは、実際に税理士を付けたいという場合どのような目線から税理士を選ぶのが良いのでしょうか。良い税理士を付けることができるかどうかによってメリットがより大きなものとなったり、逆に小さなものとなってしまったりします。そのため、選び方には慎重にならなければなりません。

まず重要なのは「サービス業」としての視点を持って仕事をしている税理士を選ぶということです。積極的に顧客的な目線を持って運営に関わってくれる税理士がいれば、大幅なメリットが考えられます。節税についてだけではなく、会社の運営をより向上させていくためには何が必要であるのか、そういった目線を持ってコンサルティング的な活動を依頼することができる税理士であれば、会社にとって非常に価値があります。

また、明瞭な価格設定がされている税理士であることも重要になります。料金表の提示を行い、細かい料金設定を見せてくれるようになっていることが重要なポイントです。このようにしっかりと料金が分かりやすくなっているということは、他の資料や情報などについても分かりやすく明示してもらえる可能性が高くなるためです。その後の会社運営に於いてもメリットが大きくなるでしょう。

会社設立関連情報>>税理士法人アディーレ会計事務所