法人税の仕組み

それでは、会社設立に税理士を利用するのにはどのような目的があり、メリットがあるのでしょうか。会社を経営していく上で、非常に重要なポイントとなるのが税金の問題です。収益を上げている場合には必ず税金が発生することになるため、この税金をどのように処理していくのか、どのように節約していくのかによって得られる利益にも違いが発生することになります。それでは、主にどのような税金が発生することになるのでしょうか。

まず大きな税金となるのが「法人税」と呼ばれる税金です。名前の通り法人つまり会社などに対して課せられる税金となっています。その会社が事業年度に於いて稼いだ金額に対して課税が行われる仕組みとなっているため、利益が出ていない場合については課税の対象とはなりません。

原則的な計算式は(売り上げ-(原価+費用)-控除)×税率+特別税額で計算されます。この内、税理士を利用することによって大きなポイントとなるのは「原価と費用」の部分となります。収入を得るために使ったお金については税額から引いて計算されることになるため、どの程度までこの部分に含めることができるのか、按分の策定をすることが節税のポイントとなります。